開業資金について

開業資金とは

開業資金の内訳について

会社設立や指定申請は自分でやるべきか?

事業を始めるために必要なもの

フランチャイズはおすすめかどうか?

運転資金に占める主な支出


 

開業資金とは

開業資金とは初期投資の額と、事業が回り始めた後の運転資金の事を指し、
最初に使うお金になります。

つまり、利益が出る体制が整うまでのお金を開業資金といいます

 

開業資金の額としては、訪問介護であれば、100万~500万が多い状況です。

 

開業資金の額が少なくすむ方々というのは、既に介護事業所を営んでいる方々です。

初めから自分の施設があるわけですから、利用者様を最初から引き連れているということになります。

そのため、開業資金が少なくすみますが、一般的に新しく介護事業所をはじめようという方々は、

ある程度資金が必要になってきます。

開業資金の内訳について

その資金の内訳としては、「資本金」と「社長からの借り入れ」で賄っていられる事業者様がほとんどです。

 

この資本金ですが、資本金を1円で設立したいお客様がいらっしゃいます。

ただ、資本金を1円にすると、借り入れが増えていくだけですのであまりおすすめはしていません。

訪問介護の場合、100万~200万くらいはご用意いただいた方が良いでしょう。

 

弊所の関与先様の資本金の平均としては136万円くらいになります。

そこに借り入れをあわせ、資本金は400万円ぐらいはご用意いただいた方が良いでしょう

 

特に、異業種から参入される方については人件費が早い段階から発生してきますので、
融資も検討され、早い段階から対策を行うことがおすすめです。

 

開業するにあたり、実際に発生する費用の中で番費用がかかるのが
会社の設立手続き費用」 と 指定申請費用」 と 「事務所の保証金」 となります。

 

異業種の方であれば、これらに加え人件費が発生します。

 

これらを全てあわせると、400万円くらいは見ておいた方が良いでしょう。

 

会社設立や指定申請は自分でやるべきかどうか?

 

会社設立や指定申請はできるだけ自分でしようという方が多く見えます。

 

ただ、実際に見ていると、
ご自身で全てをしようという方々は、伸び悩んでいるところが多い
ように思います。

 

理由は、開業までの時間をすべて、会社の設立と指定申請に使ってしまっているからです。

 

逆に会社設立手続きや指定申請を外部に代行してもらい、開業に向けて営業されている方が、
事業として軌道にのせるのが早い
傾向にあります。

 

そのような方々は開業までの自分の時間を買うという考えが強いように感じます。

 

事業を始めるにあたり必要なもの

個人情報をたくさん扱うため、鍵の掛かるロッカーを用意されている事業者様が多くなっています。

 

最近では、電動自転車を持っている事業所様も増えています

これは福利厚生の一環として、ヘルパーさんに貸し出しを行っており、ヘルパーさんからも好評なようです。

貸出をする事で直行直帰ではなく、事務所へ立ちよる事にもつながり、
ヘルパーさんとコミュニケーションがとれるようになります

 

また、ホームページを作成している事業所様も多くなっています

 

利用者様はあまり見ないですが、そのご子息が、ご両親がどういった事業所に入られているか、
どのようなサービスを受けているのか?という確認をホームページでします。

 

ホームページを作って、ブログを書いて発信している事業者様もいらっしゃいます。

それを見てヘルパーさんが集まってきたりというお話も聞きます。

 

情報の発信は思った以上に大事なので、ホームページの準備もご検討されると良いかと思います。

 

フランチャイズはオススメかどうか?

フランチャイズは特に異業種からの参入をお考えの方が検討されているケースが多いです。

 

ただ、簡単におすすめはできません。

 

5年契約のフランチャイズが多いですが、うまくいけば、1年ぐらいで利益がでてきます。

しかし、その後も、4年間ずっとお金を払い続けることになります。

 

もし、介護事業について詳しい方を採用できるようでしたらフランチャイズに頼らず、
独自にチャレンジしてみても良いかとも思います。

 

運転資金に占める主な支出

運転資金に占める主な支出として、一番多いものは人件費になります。

次に家賃の支出が多い傾向にあります。

福永会計事務所のお客様では家賃は大体6万~10万円の方々が多いようです。

 

一番低いところでは4万円から、高いところでは8万を超えてくると経営的に厳しいように思います。

ただ、立地は非常に重要です。 この立地を考慮し、ぜひいい場所をご選定ください。

 

その他では、飲食費が結構かかる事業所様もあります。

訪問介護の場合、直行直帰が多いため、ヘルパーさんが一同に介する場はほとんどありません。

そこで、ヘルパーさんを集める仕組みの一環として、定期的に飲み会などの企画を行っています。

このように、ヘルパーさんとの交流に気を使っている事業所では、

人の定着率が良くなっており、
また、新しい良い人材も増えてきているようです。


toiawasebn.PNG

 

当事務所に関する詳しい内容はこちら

eyecatch.PNG

料金表

 

事務所のご案内

 

アドバイザーのご紹介

お問合せ

 

アクセスマップ

 

ホーム