• HOME
  • 居宅介護支援向けサポート

居宅介護支援事業向けサポート


居宅介護支援事業とは

介護保険のサービスを受けるには、要介護認定を受けるための申請が必要です。
要介護者が快適な在宅生活を過ごせるよう、要介護認定の結果に基づいて介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、また介護サービス事業者との連絡・調整を行うことを言います。
ケアプランの作成やサービス提供支援、介護施設の紹介などを行います。

居宅介護支援事業を始める

居宅介護支援事業を始めるためには、各都道府県において下記の要件を満たす必要があります。

1. 法人であること
2. 常勤の「管理者」を1名置くこと
3. 常勤の「ケアマネ」を利用者様の員数が35名またはその端数を増すごとに1名以上置くこと
4. 事務所があること
5. 利用者の相談スペース(個室)があること
6. 作業デスクがあること
7. 鍵付きの書庫があること

などがあげられます。

審査は地域によって異なっておりますが、毎月1回、2ヶ月に1回程度しか実施されません。
いつでも申請できるというわけではありません。
そのため、書類の作成などが遅れると登録が約1ヶ月、2ヶ月と遅れてしまいます。
準備しなければいけない書類も多く複雑ですので、居宅介護支援事業を始めようと思われている方は一度当事務所へご相談ください。

 

介護専門の税理士による介護事業の開業サポート 当事業所だから提供できる開業支援サポート ・多数の支援経験に基づく開業アドバイスができる ・複雑な申請届出書類も全て作成するので、手間要らず ・会社設立時の定款作成


toiawasebn.PNG

 

当事務所に関する詳しい内容はこちら

eyecatch.PNG

料金表

 

事務所のご案内

 

アドバイザーのご紹介

お問合せ

 

アクセスマップ

 

ホーム