• HOME
  • スタッフブログ
  • 《コラム》まぎらわしい棚卸資産の区分 「半製品」と「仕掛品」との違い  ~大阪介護事業サポートセンター~
---------------------------------------
創業補助金セミナー
~創業前後に必要な準備・創業補助金等々を中心に解説します!!~

■日時: 2015年 5月 14日 (木)
18時00分~20時00分
(途中休憩あり・講座後に無料相談会実施)
■会場: 福永会計事務所2階【大阪市淀川区塚本2-15-11 今西ビル2階】
■参加人員:限定10名(申し込み先着順)
■締切: 2015年 5月13日 (水)13時 まで
(定員になり次第締め切ります)
■料金:1,000円(税込)/人
*料金は当日お預かり致します。 

申込用紙


■問合せ
TEL 06―6390―2031 担当:経営支援チーム
---------------------------------------


《コラム》まぎらわしい棚卸資産の区分 「半製品」と「仕掛品」との違い

◆「半製品」と「仕掛品」の違いはどこか?
 製造等の中途にある棚卸資産に「半製品」と「仕掛品」があります。英語で言えば、前者は“semi-processed goods”、
後者は“work in process”。これらはどのような違いがあるのでしょうか?
 財務諸表等規則ガイドラインによれば、「半製品」とは「中間的製品として既に加工が終り
現に貯蔵中のもので販売ができる状態のもの」とされています。これは製造工程の中間までは工程を終えて、
次工程に移るまでの間、一時的にストックしている状態のイメージのものです。
 一方の「仕掛品」とは、同ガイドラインによれば
「製品、半製品または部分品の生産のために現に仕掛中のもの」とされています。

◆「販売可能な状態」のものであるかどうか
 これらの定義から、二つの棚卸資産の区分は、「販売可能なもの」であるか―交換価値を有しているか―
という点にあることになります。すなわち、「半製品」はその状態でも「販売可能なもの」であるが、
「仕掛品」はその状態では「販売ができないもの」(工程中のもの)ということです。
 別の言い方をすると、「半製品」は倉庫等で現物が確認できる(引渡し等が可能である)が、
「仕掛品」はそうではない―ということになります。
 英語の“semi-processed goods”“work in process”と表現されるのも何となく判りますね。

◆「半成工事」「未成工事支出金」との関係
 また類似のものに「半成工事」というものがあります。これは「仕掛品」と同義のもので、
造船業で用いられる勘定科目です。建設業の「未成工事支出金」、不動産開発・宅地造成を行うディベロッパーの
「開発事業等支出金」(会社によっては「仕掛販売用不動産」など)も同様です。
 これらのものは、その状態では「販売ができないもの」ですから、低価法適用時の「正味売却価額」は、
「完成品の売価-見積追加製造原価-見積追加直接経費」と、
販売可能な状態の完成品からスタートして考えることになります。


介護事業に特化!法人税申告・決算をサポート!福永会計事務所


記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター


大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!

年商5,000万円以内なら、申告料50,000円!
医療介護事業者の方はぜひ!
http://www.fukunaga-office.net/700/


補助金・融資にも完全対応!各種許可申請対応!
提携:福永会計事務所
会社設立専門チーム・会社設立の手数料1,000円のみ! 顧問契約は不要!

運営:
-------------------
福 永 会 計 事 務 所
-------------------
「大阪 法人税申告」で検索!
中小企業庁認定 経営革新等支援機関
06-6390-2031