• HOME
  • スタッフブログ
  • 《コラム》最大で7,000万円が非課税!?直系尊属からの贈与特例が拡充 ~大阪介護事業サポートセンター~
---------------------------------------
創業補助金セミナー
~創業前後に必要な準備・創業補助金等々を中心に解説します!!~

■日時: 2015年 5月 14日 (木)
18時00分~20時00分
(途中休憩あり・講座後に無料相談会実施)
■会場: 福永会計事務所2階【大阪市淀川区塚本2-15-11 今西ビル2階】
■参加人員:限定10名(申し込み先着順)
■締切: 2015年 5月13日 (水)13時 まで
(定員になり次第締め切ります)
■料金:1,000円(税込)/人
*料金は当日お預かり致します。 

申込用紙


■問合せ
TEL 06―6390―2031 担当:経営支援チーム
---------------------------------------


《コラム》最大で7,000万円が非課税!?直系尊属からの贈与特例が拡充

◆高齢者層から若年世代への早期移転
 近年の資産税は「高齢者層から若年世代への財産の早期移転」を促す改正が相次いでいます。
特に平成27年からは、「直系尊属」から「直系卑属」への贈与について大胆な軽減措置がいくつも施行されます。

◆特例税率~直系尊属から成人者への贈与
 まず、平成27年1月からの贈与から既に適用されている「特例税率」が挙げられます。
平成27年分以後の贈与税率は、「一般税率」と直系尊属から20歳以上の者への贈与に対する
「特例税率」の2つに区分されました。この「特例税率」は「一般税率」に比して
累進度が緩和された軽減税率です。

◆住宅取得等資金の非課税制度の延長・拡充
 また、平成27年改正では「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税」措置が
平成31年6月までに延長されるとともに非課税金額も拡充されています。
 今回の改正の特徴は、「住宅取得資金非課税限度額」(消費税8%契約・中古住宅の個人間売買)と
「特別住宅取得資金非課税限度額」(消費税10%契約)の2つの非課税枠が設けられたことです。

これは消費税率改訂時の住宅需要へのインパクトを緩和するために消費税率10%が
適用される契約がされる時点での贈与について別枠を設けたものです。
 このような非課税限度額が「8%契約」「10%契約」と別枠で設けられていますので、
8%契約で購入した家屋を、後に10%契約でリフォームした場合等はこの非課税枠を
「ダブル」で適用することができます。

◆結婚・子育て資金の一括贈与に係る非課税
 また、「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の非課税」制度の「結婚・子育て」版が設けられました
(平成27年4月以後の贈与から適用)。こちらは、直系尊属が子・孫等の結婚・子育て資金を金融機関に
信託・預入等をした金額のうち1,000万円までは非課税とする制度です。

◆複数の非課税制度を適用した場合
 これらの「直系尊属」からの贈与の特例を最大限適用した場合、
教育資金贈与非課税(1,500万円)+結婚・出産資金贈与非課税(1,000万円)
+住宅取得資金非課税(H27優良住宅・1,500万円)+特別住宅取得資金非課税(H28.10~H29.9・優良住宅3,000万円)
=7,000万円が非課税となります。



介護事業に特化!法人税申告・決算をサポート!福永会計事務所


記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター


大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!

年商5,000万円以内なら、申告料50,000円!
医療介護事業者の方はぜひ!
http://www.fukunaga-office.net/700/


補助金・融資にも完全対応!各種許可申請対応!
提携:福永会計事務所
会社設立専門チーム・会社設立の手数料1,000円のみ! 顧問契約は不要!

運営:
-------------------
福 永 会 計 事 務 所
-------------------
「大阪 法人税申告」で検索!
中小企業庁認定 経営革新等支援機関
06-6390-2031





にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村