• HOME
  • スタッフブログ
  • 《コラム》定時退社と「持ち帰り残業」 ~大阪介護事業サポートセンター~
 
大阪の税理士事務所 福永会計事務所

介護事業に特化!法人税申告・決算をサポート!福永会計事務所

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!


   
 
 
《コラム》定時退社と「持ち帰り残業」


◆持ち帰り仕事と労働時間
最近の働き方改革の流れの中で、
残業時間削減の為、定時退社を促される場合もあるでしょう。
その様な時に仕事が終わらず自宅に持ち帰った場合の
労働時間の扱いはどうなるのでしょうか?


そもそも労働時間とは
使用者の指揮命令下にある時間だとされています。
労働者の行為が使用者の指揮命令下におかれたものと
評価する事ができるか否かにより
客観的に定まるものとされています。


◆上司の命令はどうか
残業は上司の直接的な命令だけでなく、
具体的に指示されていた仕事が
時間内にはできない程度の量である場合や、
その日の業務の性質上
残業させざるを得ないような状況である場合、
使用者の「暗黙の指示」により行った残業とされます。


就業規則等の規定の社内ルールで
上司の承認が無ければ残業を認めないと決めていたとしても、
個別かつ具体的に残業を中止させるような
明確な指示、命令が必要であり、
終業時刻を過ぎたら強制的に退社させる等も必要でしょう。


◆持ち帰り仕事は残業になるか
会社側が一定の時刻に強制退社させるとなると、
労働者はその日に処理するべき仕事ができなくなった場合、
やむを得ず帰宅後に持ち帰り残業をするかもしれません。


これについて労働時間となるのかどうかという問題があります。
使用者の指揮命令下にあるかと言うと難しい判断です。
上司から自宅に持ち帰ってでも
仕事を終わらせるよう指示された時や、
暗黙でもノルマをこなすよう指示されていた場合は
自宅でも労働時間とみなされる可能性はあります。


しかし重要な書類や秘密データ等を
社外に持ち出す事にもなります。
上司が容認、黙認する事は情報漏えいリスクも伴うので
認める事がどの位あるのでしょうか。
労働者が自分で自主的に持ち帰りした時は
労働時間ではないとみなされます。


長時間労働を抑えると言って強制退社させるなら、
このような事態を招かないように、
持ち帰り仕事を禁止する場合は
仕事量も考えた上でのルール化が必要でしょう。


大阪の税理士事務所 福永会計事務所

介護事業に特化!法人税申告・決算をサポート!福永会計事務所

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!

補助金・融資にも完全対応!各種許可申請対応!
提携:福永会計事務所

会社設立専門チーム・会社設立の手数料1,000円のみ! 顧問契約は不要!
運営:
---------------------
福 永 会 計 事 務 所
---------------------
「大阪 法人税申告」で検索!
中小企業庁認定 経営革新等支援機関
電話:06-6390-2031
 
いいね!
フォロー
このエントリーをはてなブックマークに追加友だち追加