• HOME
  • スタッフブログ
  • 《コラム》育児休業を支援する助成金 ~大阪介護事業サポートセンター~
 
大阪の税理士事務所 福永会計事務所

介護事業に特化!法人税申告・決算をサポート!福永会計事務所

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!


   
 
 
《コラム》育児休業を支援する助成金


◆両立支援等助成金(育児休業等支援)
職場にこれから出産予定の方がいる場合に申請すると
受給できる助成金です。出産後3ヶ月以上育児休業を取得すると
「育児休業取得時」と元の職場に復帰して6カ月経過後
「職場復帰時」の助成金を申請できます。


また、育児休業取得者の代わりとして社員を雇用すると
「代替要員確保時」の助成金を受給できます。
出産後も退職せずに育児休業を取得する方が
一般的になってきています。
特に20代から30代の女性社員を雇用している事業主は
申請できる可能性が高いものです。


◆必要となる社内環境整備
産前休業に入る前に「育児復帰支援プラン」を作成し、
平成29年10月の法改正に準拠した育児休業規定の制定、
社内での周知等育児休業を取得しやすい職場環境を
整備する必要があります。


手続上の注意点は「育児復帰支援プラン」の作成は
事前に計画書提出は無いのですが、
産前休業に入る前に育児休業取得者と事業所とで
育児復帰支援プランについて話し合わなくてはなりません。
プランの日付けが時系列的に合っていなくてはなりません。


また、「一般事業主行動計画」を労働局へ提出します。
さらに「両立支援のひろば」のサイトに開示しなければなりません。
助成金の申請は「育休取得時」は、
出産後3カ月経過した日の翌日から2カ月以内に申請します。
「職場復帰時」の申請は復帰後6カ月経過後の翌日から2カ月以内です。
申請し忘れをしやすいので注意が必要です。
特に職場復帰が予定より早まった時は
申請時期を失念せぬよう気をつけましょう。


◆助成金額
・「育児休業取得時」......28.5万円(生産性要件付与で36万円)


・「職場復帰時」......28.5万円(生産性要件を付与で36万円)


・「代替要員確保時」......育児休業1人につき47.5万円(生産性要件付与で60万円)。


育児休業取得者が有期契約労働者の場合、
9.5万円(生産性要件付与で12万円)の加算有。
1企業で正社員1名、有期契約社員1名の2名が取得できます。
1企業1年当たり10名まで対象になります。
 
大阪の税理士事務所 福永会計事務所

介護事業に特化!法人税申告・決算をサポート!福永会計事務所

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!

補助金・融資にも完全対応!各種許可申請対応!
提携:福永会計事務所

会社設立専門チーム・会社設立の手数料1,000円のみ! 顧問契約は不要!
運営:
---------------------
福 永 会 計 事 務 所
---------------------
「大阪 法人税申告」で検索!
中小企業庁認定 経営革新等支援機関
電話:06-6390-2031
 
いいね!
フォロー
このエントリーをはてなブックマークに追加 友だち追加