お客様の声1

株式会社 ライム様

福永会計事務所とのお付き合い

 
出会いは電話営業をもらったことです。
raimu3.PNG
設立からお世話になっていた会計事務所さんを替えようと思っていた時に、ちょうどのタイミングでお電話をいただきました。

自分でHPを見ながらいろいろと探していたのですが、なかなかこれだという会計事務所が見つからなかったんです。
そのようなタイミングで、福永会計さんから直接電話をもらって、お会いしてみることにしました。

実際にお会いしてみると、要望に誠実に答えてくれるところがとても信頼できました

具体的には、こちらがする質問に対して的確な回答をいただけるので安心感がありましたし、経営相談も数字を使って説明してくれるところが信頼できると感じたところでした。

弊社の担当である土山さんはとても誠実な方です。
その上、仕事熱心でコミュニケーションがとりやすい所がとても助かっています。
今後とも、弊社の発展のためにご協力をお願いしたいと思っております。

『自分にいい影響を与えてくれる人』というのはとても大切だと常日頃から思っていることで、福永会計事務所さんもその一人だと思っています。

 

株式会社 ライムの成長過程

 
もともと看護士だった私は、出産を期に一度現場から離れました。
子供が大きくなるつれ、もう一度現場復帰をと考えたのですが、まだまだ、フルタイムで働くことは難しいとも思いました。
そこで、時間に自由がきき、今まで培ってきた自分の看護士としての能力が生かせる『訪問看護』という形で仕事を始めました。
raimu3.PNG
最初は苦労しましたが、周りの方々の協力もあり、今まで順調にきております。
本当に日々感謝の連続です。

実際に会社を設立して一人でやっていく中で思うことは、利用者さんに対して『ふみこめる』という事が独立してよかったと思えることです。
大きな組織の中では様々なルールがあり、利用者さんにしてあげたいと思うことでもしてあげられないことが多々あります。
もちろん、そこにはリスクがあります。ただ、利用者さんから『ありがとう』と言われた時の喜びは本当に大きいです。
頑張れば頑張るだけ成果があがるということも、独立して良かったと思えることです。

この仕事をしていると寿命が限られた方に出会うことが多々あります。
そんな方々に『今』を大切に生きて頂けるように努力しております。
また、そのご家族の方々の『潤滑剤』となれるのも、私の仕事だと考えております。

 

税理士としてのサポート

 
会社を経営していく上で『本来やるべき仕事』というものを明確にした場合、経理業務といった間接部門に時間をかけることはあまりいい事ではないように感じます。
『餅は餅屋』とシンプルに考え、アウトソーシングし、自分は現場に出続けること、それが重要なことだと考えております。

まあ、仕事をする上で最上の喜びである、利用者さんからの『ありがとう』をずっと聞きたいのが本音ですけどね。


toiawasebn.PNG

 

当事務所に関する詳しい内容はこちら

eyecatch.PNG

料金表

 

事務所のご案内

 

アドバイザーのご紹介

お問合せ

 

アクセスマップ

 

ホーム