• HOME
  • スタッフブログ
  • 60444)【時事解説】中小企業における人材育成 その1 ~大阪介護事業サポートセンター~
 
大阪の税理士事務所 福永会計事務所

介護事業に特化!法人税申告・決算・確定申告をサポート!福永会計事務所

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!


   
 
 
【時事解説】中小企業における人材育成 その1
記事提供者:(株)日本ビジネスプラン


中小企業が人手不足に対処していくためには、
労働投入量を節約するという工夫に加え、
人材育成・能力開発を通じて
個々の従業員が生み出す付加価値を
向上させていくことが求められます。


「中小企業白書2018年版」において、
企業がOJT(日常の業務に就きながら行われる教育訓練)と
OFF-JT(業務命令に基づき、通常の仕事を
一時的に離れて行う教育訓練)のいずれを重視しているかを、
厚生労働省「平成28年度能力開発基本調査」のデータを用いて
企業規模別に整理した結果をみると、
企業規模を問わず「OJTを重視する」、
「OJTを重視するに近い」の回答が大半を占めており、
企業側がOJTを重視していることが示唆されています。


一方で、「OFF-JTを重視するに近い」、
「OFF-JT を重視する」と回答した割合の合計は
企業規模を問わず20%を超えており、
OFF-JT を重視する企業が一定数存在することがみてとれます。


企業側が実施したOFF-JTの内容についてみると
「新規採用者など初任層を対象とする研修」が、
企業規模を問わず最も高い回答割合となっており、
かつ規模が大きくなるほどその割合が高くなっています。


次に、人材育成・能力開発を行うにあたっての課題を
企業規模別に整理した結果をみると、
企業規模を問わず「指導を行う人材が不足している」といった
教える側の人材不足に関する回答割合が最も高くなっており、
かつ規模が大きくなるほどその割合が高くなっています。


一方で規模が小さくなるほど、
「鍛えがいのある人材が集まらない」といった、
教えられる側の人材不足の課題を抱えている
企業の割合が高くなっています。


このように中小企業における人材育成といっても
企業規模によってその課題に違いがみられるのです。(つづく)


(記事提供者:(株)日本ビジネスプラン)


大阪の税理士事務所 福永会計事務所

介護事業に特化!法人税申告・決算・確定申告をサポート!福永会計事務所

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!

補助金・融資にも完全対応!各種許可申請対応!
提携:福永会計事務所

会社設立専門チーム! 顧問契約は不要!
運営:
---------------------
福 永 会 計 事 務 所
---------------------
「大阪 法人税申告」で検索!
中小企業庁認定 経営革新等支援機関
電話:06-6390-2031


 
いいね!
フォロー
このエントリーをはてなブックマークに追加 友だち追加