• HOME
  • スタッフブログ
  • 605087)《コラム》技能実習制度と特定技能制度 ~大阪介護事業サポートセンター~
 
大阪の税理士事務所 福永会計事務所

介護事業に特化!法人税申告・決算・確定申告をサポート!福永会計事務所

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!


   
 
 
《コラム》技能実習制度と特定技能制度


◆新しい在留資格 特定技能制度
外国人が日本で働く際には、
働くことが許可されている証明をする在留資格が必要になります。


在留資格とは
「外国人が合法的に日本に滞在(就労)するために必要な資格」
のことです。
それぞれ定められた活動や
配偶者の地位によって在留が認められており、
日本への滞在期間や活動内容は異なります。


2019年4月から入管法の改正で
新たに拡大したのが特定技能在留資格です。


今まではいわゆる単純業務に従事が可能であったのは
「技能実習」であるか日本人の配偶者等でした。
「技能実習」は技能の習得が目的であり
最長5年間日本で働く許可が出され、
職場で技能を学ぶことができます。


しかし実習期間を終えると母国へ帰らなければなりません。
現実問題として、日本は人手不足であり
実際のニーズには答えにくくなっていました。
そこで外国人受け入れ政策の見直しで拡大路線になったのです。


◆人手不足が見られる14業種に限定
そのような背景から特定技能の制度が新設されたのですが、
この在留資格は一定以上の技能実習経験があるか
定められた日本語能力やビジネススキルの確認試験があります。


特定技能1号とは対象の14分野に属する知識や経験を
要する技能を持っている方です。
日本語能力やビジネススキルで試験合格するか
技能実習生3年以上で無受験移行も可能です。


最長5年までで家族の帯同はできません。
技能実習制度で5年実習を行うと
特定技能1号を取得できますので
最長10年日本滞在が可能になります。
さらに技能試験を受験し、
特定技能2号になることもできます。


この資格は経験を積み特定技能1号より
高いスキルの保持・専門性・技能を有するものです。
熟練技能保持者であり家族の帯同もでき
在留期限の更新も可能になります。
しかし特定技能2号は予定される2業種に限られており
現在はまだ受け入れをしていません。


◆法整備ができてきたが受け入れ体制は
今後も外国人雇用拡大は続くでしょう。
新制度ができたとはいえ企業や
社会の受け入れ体制はまだ整ってはいないと思えます。


外国人を雇用する際には
①就労ビザや在留資格の確認、
②労働条件の労使の相互理解、
③生活上等、
日本の制度の理解や支援等に留意をしてください。


大阪の税理士事務所 福永会計事務所

介護事業に特化!法人税申告・決算・確定申告をサポート!福永会計事務所

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!
補助金・融資にも完全対応!各種許可申請対応!
提携:福永会計事務所
会社設立専門チーム! 顧問契約は不要!
運営:
---------------------
福 永 会 計 事 務 所
---------------------
「大阪 法人税申告」で検索!
中小企業庁認定 経営革新等支援機関
電話:06-6390-2031


 
いいね!
フォロー
このエントリーをはてなブックマークに追加 友だち追加