• HOME
  • スタッフブログ
  • 60526)【時事解説】株式市場再編の影響とは その2 ~大阪介護事業サポートセンター~
 
大阪の税理士事務所 福永会計事務所

介護事業に特化!法人税申告・決算・確定申告をサポート!福永会計事務所

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!


   
 
 
【時事解説】株式市場再編の影響とは その2
記事提供者:(株)日本ビジネスプラン


東京証券取引所は4つに分かれている株式市場を
3つに再編しようと検討しています。


そもそも、いま、なぜ再編が必要なのでしょうか。


実は、個人投資家の間には、
一部上場の問題点を端的に表す言葉として、
「上場ゴール」というものがあります。


これは、企業が「東証1部上場」を
ゴール(最終目的)にしている旨を指します。


近年、上場というゴールを決めたあと、
業績や株価が下がる企業が目に付くようになりました。


また、東証1部は大企業中心の市場であるはずなのに、
時価総額の小さな(小ぶりの)企業も
上場している点も指摘されるようになりました。


問題の背景には、東証1部の上場基準が緩いことがあります。
とくに、マザーズ(新興市場)から1部に上がる基準が緩く、
通常、時価総額は250億円ほど必要ですが、
マザーズからの上場ならば
最低40億円でよいと優遇されています。


世界の中で、日本の株式市場の信頼感をしっかりとしたものにしなければ、
投資家は離れてしまうことも考えられます。


そこで、東証1部に上場する企業の質を高める必要性が浮上しました。
質を高めるための施策の一つとして、
上場基準の厳格化が必要になったわけです。


ただ、再編に関し、もう一つの懸念は日経平均株価への影響です。
再編後、日経平均採用銘柄を入れ替える必要性が生じます。


2000年、日経平均株価の暴落がありましたが、
暴落した要因の一つに、大幅な日経平均採用銘柄の入れ替えがありました。


今回も、銘柄が大きく入れ替わるとなると、
株価の暴落につながりかねません。


基準の変化や銘柄の入れ替えがどの程度の規模になるか、
決定の内容から目が離せません。(了)


(記事提供者:(株)日本ビジネスプラン)


大阪の税理士事務所 福永会計事務所

介護事業に特化!法人税申告・決算・確定申告をサポート!福永会計事務所

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!

補助金・融資にも完全対応!各種許可申請対応!
提携:福永会計事務所

会社設立専門チーム! 顧問契約は不要!
運営:
---------------------
福 永 会 計 事 務 所
---------------------
「大阪 法人税申告」で検索!
中小企業庁認定 経営革新等支援機関
電話:06-6390-2031
 
いいね!
フォロー
このエントリーをはてなブックマークに追加 友だち追加